春ごとに心をしむる花の枝(え)にたがなほざりの袖かふれつる 大弐三位 返し 新古今和歌集 巻第一 春歌上 49・・・